50代、60代の引きこもりニートは手遅れなのか?

50代、60代の引きこもりニートは手遅れなのか?

もう一般的には定年退職が目に見えてきた、
50代、60代の引きこもりニートはもう就職は不可能に近いですね。

 

50代ならまだアルバイトくらいはできる可能性が残っていますが
60代で無職の人間は、

 

それまでの経歴がちゃんとしてない限りは就職は難しいです。

 

そもそも高齢になるほどに
就職が厳しくなるのは当たり前なんです。

 

もう60代ともなれば定年退職の年齢ですから
そんな年齢の新人を雇ってくれる企業などないといってよいでしょう。

 

その年齢を超えても働けるのは
再雇用で入社している人や、
それまでの経験が豊富な業種のアルバイト採用くらいしかありません。

 

50代、60代になってもなんの経験も経歴もない、
無職歴がずっと続いていたという深刻な無職ニートの場合は
もうよほど面接でうまいことが言えない限りは採用されることはないでしょう。

 

面接対策などの相談はハローワークまたは派遣会社でも
乗ってはくれますが、ここまでの高齢になるとそれでも手に余るケースは多いと思います。

 

実の親も死ぬ時期が近づき、自分がもらえる年金もわずかなもので
将来の不安も募ってくるでしょう。

 

働いていて厚生年金を収めてさえいればまとまった年金がもらえたはずなのに、
国民年金のみでは本当にごくわずか、年間70万くらいなんです。満額もらえたとしても。

 

高齢ニートの中には国民年金さえ払っていなかった人も多数いますから
その人たちはさらに深刻でしょうね。

 

どうしても仕事が決まらず、収入を確保できないときは最悪生活保護に頼らざるを得ない、
そんな状況が目に見えてくるのが50代、60代無職引きこもりニートです。

 

また、そこまでの長い間無職の引きこもりニートでいられるということに、
なんらかの精神疾患も伴っているケースは多いですね。

 

普通なら、そんな絶望的で暗い人生を送りたいだなんて思わないはずですから。

 

生活保護は地域によって通り安いところと通りにくいところがあり、
場合によっては福祉のサポートを借りながら申請したほうがいいでしょう。

 

そうやって生活保護が受けられたとしても
家賃、医療費は無料になりますが
それ以外の保護費はわずかなもので
食べていくのと、光熱費を払うことで精いっぱいの生活になります。

 

贅沢など何もできないし、
どこかへ出かける余裕もありません。

 

そもそもこの年齢まで無職引きこもりニートをしていた人に
寄ってくる友達なんて一人もいないでしょうから、
何をしても、どこへ行っても楽しくなんてないはず。

 

最低限生きていけるお金があっても、
何にも楽しくない人生になるでしょうね。

 

今までの人生を振り返ってみた時に、いい思い出って何かあるでしょうか?

 

もっと若いころに良い就職先またはせめてアルバイトでもいいから
働いていて定年まで続けていれば
老後にもらえる年金だけで生活していけただろうし、
貯金も自由。(生活保護では貯金することも禁じられていて調査が定期的に入ります。)

 

働いてきたことで身に付いた経験、知識は一生ものです。

 

そして働く中でできた友達、知人もたくさんいるだろうし、
もしかしたら結婚もできていたかもしれません。

 

50代、60代になるまでずっと一人で引きこもって
無職で、今さら就職など不可能で
生活保護を受けることになる人生ほど、

 

さみしくて暗いものはないと思います。