生活が懸かっている責任感に押しつぶされないために

生活が懸かっている責任感に押しつぶされないために

生活がかかっているため、簡単には仕事を辞めることはできないし、
やるからには完ぺきにこなさなければいけない、そんな責任感を常に背負っていて
仕事を続けていくことに対して少しずつ疲弊していく、

 

そんなサラリーマンも多いようです。

 

重要なことは、あまり自分を追いつめすぎないことです。

 

仕事にしても、重大な作業、優先順位の高いものから片付けて
低いものは後回しにという順序建ての基本を徹底し、

 

効率よい仕事をするようにすれば十分です。

 

そして仕事の正確性や、プロ意識はとても重要ですが、
一人ですべてこなしてミスもないようにしないといけないという
プレッシャーに押しつぶされて精神状態を狂わせてしまっては元も子もないです。

 

できるところは人と協力しながらでもいいから
自分一人で背負いこみすぎないようにしましょう。

 

心に何か負担がかかっているときは
同僚でもカウンセラーでもいいから誰かに相談しましょう。

 

大きな責任感に押しつぶされそうになる人は、
まじめな性格の人が多いです。

 

まじめすぎる人は、プレッシャーに押しつぶされて
鬱になるなど心の病気も発症しやすいです。

 

そうなる前に、悩みがあるときは相談することが予防になります。