低学歴、経歴なし、スキルなしの理由をどう説明するか

低学歴、経歴なし、スキルなしの理由をどう説明するか

高校中退、1年以上働いた経歴なし、すべてアルバイト、
資格は運転免許さえなし

 

こういった履歴書だと応募することさえ躊躇してしまいますよね。

 

正社員の面接の場合は特に経歴にうそを書くと
調べられる会社もありますし、
ばれた際は懲戒解雇になります。

 

アルバイトや派遣であれば調べられることはほぼないので
最悪学歴詐称、経歴詐称で乗り切る方法もあるでしょう。

 

しかしそれで乗り切れるのはアルバイトや派遣まで。

 

正社員への道は永久に閉ざされています。

 

では学歴なし、経歴なし、資格なしでも正社員になることはできるのでしょうか?
正直に履歴書にすべてを書いてしまっても、
書類選考であれば100%落とされるでしょう。

 

でもちゃんと面接をしてくれる企業があればまだ勝機はあります。

 

学歴不問、経歴不問で募集がかかっているのは
工場系が多いですね。

 

そういった職種を中心に応募し、
残業も休日出勤も何でもやります、
仕事を覚えることだけに集中します
などととにかくやる気をアピールしまくるしかありません。

 

そしてできることなら今からでも学歴をカバーするために
高卒資格取得の勉強をするとか、仕事に関連のある資格取得にチャレンジするなど
努力の姿勢を見せることも面接で有利になります。

 

面接でアピールする際は、
今までは家庭の事情もあって何もできませんでしたが
今は違います。
仕事はきちんと前向きに取り組み、全力で頑張りますし、
資格取得に向けても今こういうことを勉強しています。

 

くらいの前向きなアピールができれば心象はだいぶ良くなります。

 

学歴が低くなってしまった理由、仕事が続かなかった理由について
暗い話を延々と述べる必要などありません。

 

今まではできなかったけども今は違う、
これからはがんばるし、
こういうことで努力していますということが重要です。

 

未来に向けて広がる前向きな姿勢を見せることができれば
採用率は上がるでしょう。