やる気が伝わる自己PRの考え方の基本

やる気が伝わる自己PRの考え方の基本

やる気を伝えるときに、ただやみくもに根拠も示さずに、
なんでもやります、がんばります
というイエスマンは信用されません。

 

何事も根拠を示して述べるのが
面接における発言の基本です。

 

志望動機を言う際も、
自己PRを述べる際も、

 

なぜそう思うのか、
どうしてそうなのか、
どうして頑張ろうと思うのか、
具体的に何をどう頑張るのか、

 

など根拠を示し、具体的な行動を述べ、
説得力のある自己PRが言えれば
納得してもらえます。

 

頑張りますという一言にしても、
それだけで終わるのではなく、
そのために今○○について勉強していますなど
自分でできることから始めていることをアピールできることは
大きな強みです。

 

面接に臨む前には
やるべき努力とするべき勉強はやっておかなければ
採用率は上がりません。

 

何の事前準備もせずに履歴書を書くだけで臨んでは
採用率は低いでしょう。

 

目標にしている職業について詳しく調べることは基本ですし、
やる気を伝えるために説得力のあるPRが考えられなければいけません。

 

きちんと事前にしっかり考えたうえで面接に臨みましょう。