飲食系キッチンスタッフの仕事内容について

飲食系キッチンスタッフの仕事内容について

飲食系キッチンスタッフは、ファミレスのキッチンが一番簡単で、

 

一流料理を提供するレストランのキッチンが最も厳しく、資格も必要な厳しい仕事です。

 

ファミレスのキッチンであれば冷凍の用意された食材を
決められた手順に従って簡単な調理を施すだけでよいので

 

資格がなくてもだれでもできます。

 

調理の手順や決まり事を守り、覚えることができさえすれば勤まります。

 

また、一気に大量の料理を手際よくこなさなければならないので
そのために設けられたその店のルールも守らなければいけません。

 

一流料理を提供するレストランのキッチンともなると
ルールを守ることに加えて一流の調理技術が求められます。

 

専門学校を卒業くらいはしていないと面接で落とされるでしょう。

 

見習いでの入社であっても
専門学校卒業は最低条件となります。

 

それがないのであれば
せめてキッチンスタッフとしての経験がないと厳しいですね。

 

料理の基礎から覚える気概と
大量に入ってくる注文を効率よくこなす技術、

 

様々な要素が求められる厳しい職種です。

 

また上下関係も厳しいところが多く、
すぐ怒って怒鳴り散らす上司が多いのもキッチンの特徴です。

 

よい職場に出会えればそんな上司はいなくて
みんな和やかに良い雰囲気で働いてたりもするので
一概には言えませんが。