面接で笑顔を見せられない人に向いている職業とは

面接で笑顔を見せられない人に向いている職業とは

面接で緊張してしまって笑顔が出せないタイプの人は、
実際仕事をしてもやっぱり笑顔はなかなか出せないでしょうね。

 

仕事をするうえで笑顔のコミュニケーションは
お客様に対してのみではなく、同僚間のコミュニケーションにおいても重要です。

 

それができないとなるとできる仕事は

 

一日PCに向かい続けるデータ入力、
工場倉庫系の仕事、

 

この2つくらいしかなさそうです。

 

わりと一人で黙々こなす単調な仕事が向いています。

 

あと検査、研究系もよさそうですが
学歴がなければ難しいですよね。

 

資格・キャリア系の職業でいえば
警察官や、弁護士、検事といった
固い法曹界の仕事であれば笑顔がなかったとしても
堅実な印象を与えてよい仕事ができるというケースもあります。

 

笑顔がなさ過ぎればやはりとっつきにくくて
職場で浮いてしまうことは容易に想像できますが。

 

笑顔がなかなか見せられない人は
職場での人間関係も築きにくく、
せっかくついた仕事も長続きせずに辞めてしまいがち。

 

笑顔ができずに周りに溶け込めなかったとしても
めげずに慣れるまで仕事を続けましょう。

 

環境になれて来れば自然と笑顔になれる機会も訪れ
自分の性格もよい方向に変わっていけるかもしれません。